登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯を守るために

歯を守るために

昔から、歯科医師仲間の間では「治療マニア」と呼ばれることが多かったですね(歯科材料)。当時は、様々な勉強会や海外の学会に参加し、勉強の日々でした。海外の学会では、日本では出会えない素晴らしいドクターとの交流が深まり、いい意味で刺激になりましたね。

 

医療の世界は日進月歩。新しい治療技術が確立され、いままで治療不可とされてきた症例でも、助かる可能性が増えてきました。もし、新しい技術を身につけていなければ、残せる歯も抜かなければなりません。「本当は残せる歯かも知れないけど、自分は治療技術が未熟だから、抜くしか無い」――そんな言い訳をしないためにも、これからも勉強を続けていくつもりです。「虫歯にならないために、歯を磨きなさい」と、誰もが子供の頃から言われてきたことでしょう。しかしながら一生懸命歯磨きをしても、歯石・歯垢を除去しても、虫歯になる人がいらっしゃるのも事実です。

 

こういった原因である菌を特定し、虫歯になる前に治療をするのが「予防歯科」です。歯が悪くなってしまってから治療するのではなく、歯が悪くならないように治療をすることが大事なのです。

 

まず大切なのは、虫歯に関する正しい知識を身につけることです。残念なことに、間違った知識や先入観などを持ってしまい、その結果虫歯になる人が後を絶ちません。例えば「歯磨きを毎日しさえすれば、虫歯にかかることはなく、もしかかったとしても自然治癒力で何とか治る」と思っている方、要注意です。残念ながら歯磨きだけでは完全に虫歯を予防することはできません。

 

もちろん歯磨きも虫歯予防の手段としては有効ですが、完全に予防できる訳ではありません。歯磨きが目的なのではなく、口内に細菌が残らないようにすることが目的なのです。また、虫歯は風邪とは違って自然に治すことはできません。自分でケアできることは自分で行い、セルフケアが難しい場合は歯の専門家である歯科医にお願いすることで治すしかないのです。

 

歯並びや咬み合せを指摘されて不安に思っている方や親御さんにお伝えしたいのは、歯並びが悪くても健康な人はたくさんいるから安心して下さいということ。そして同時に、歯並びを治したいと思っている人にも、きれいに治るから心配しないでほしいということです。ものごとにはいろんなゴールがあるのです。(歯科機械)大事なのは、どういうゴールがあるかを知り、そこに必ずある利点と欠点を知り、知った上でご自身が選択することです。それは治療を受ける際に最も大事な部分なので、矯正に限らず、医師と話す時には気後れせずにどんどん聞いていってほしいと思います。患者さんにお渡しする情報の正確さと、その情報どおりに治す技術で矯正医は評価されるべきだと思います。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp