登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 女性ホルモンと歯周病の関係

女性ホルモンと歯周病の関係

歯を大事にすることは人生の楽しみを大事にすることでもあるかもしれませんよ。オーラルケアに自信がある人や、女性全般に是非知っていてほしい情報を見つけました。女性ホルモンが増える妊娠中は歯周病菌が大あばれすること受け合いです。歯周病菌も異常に増殖し、歯茎がひどく腫れやすくなります。

 

歯周病菌のなかには、女性ホルモンを特に好んで繁殖する種類があります。女性ホルモンは、歯茎と歯の間から少しずつ染み出しています(歯科用品)。月経前がいちばんホルモンの変動を受けやすく、歯肉がむずむずしたり、腫れたりすることが多くあります。これは女性ホルモンの増加に伴って、毛細血管が影響されることと炎症反応が過度になるからです。

 

歯肉炎や歯槽膿漏など歯周病に悩む男女比の割合は男性よりも女性の方が多いのだそうです。女性ホルモンにはプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2種類があるのですがとくに妊娠時はプロゲステロンの量が増えます。分泌量が増えたプロゲステロンが歯肉の血管組織に歯科レントゲンで発見できて、働きかけることで毛細血管を変化させ通常よりも炎症を起こしやすい状態になります。

 

 

 

 

女性の場合、生涯における女性ホルモンの分泌量には経時的変動があります。妊娠した女性の喫煙や多量の飲酒、感染症は、早産児や低体重児出産の可能性が高くなります。そして、これらのリスクには歯周病が関与していることが分かってきました。実際に、妊娠した女性が歯周病に罹っていると、早産児や低体重児を出産する確率が7.5倍も高くなるという報告がなされています。

 

妊娠すると女性ホルモンの分泌が増えますのでそれに餌にしている歯周病の原因菌も数が増えますます歯肉炎が重くなるというわけです。女性は初潮妊娠出産、そして更年期と、女性ホルモンが人生の節目で大きく変動するものですよね。歯周病が女の人生についてまわるものだったとは。 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp