登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯肉の漂白とは

歯肉の漂白とは

メラニン色素の沈着によりおこるもので特に歯や歯肉に悪影響はありませんが審美的な障害となることがあります。特殊な薬剤やレーザーを用いて漂白することができます。 歯肉の黒ずみ(メラニン色素の沈着)をきれいにする方法として、薬剤で消毒して歯科ホワイトニング方法と、レーザーにて取り除く方法との2種類があります。 

 

あまり馴染みがないと思いますが、歯だけではなく歯肉の黒ずみを取ることも出来ます。肌が色黒の方がいるように歯肉にもメラニン色素の沈着などにより、黒味がかった方がいらっしゃいます。こちらも歯肉に何回か薬を作用させるだけで健康なピンク色の歯肉に回復してきます。 

 

 

 

 

まず一つ目は薬品を使った漂白。歯茎の表面を火傷させた状態にして剥がれ落ちるのを待ちます。たいていは2~3日ではないでしょうか…剥がれればピンク色の粘膜が露出します。それほどの痛みはありません。二つ目は機械的に歯茎表面を削る…です。これは麻酔をして歯茎の表面の着色している部分を削ります。傷が治ればピンク色の新しい粘膜になります。


歯肉の漂白とは薬品(歯科用品)で表面の皮膚を焼き、はがして新しい皮膚にしていくことにより、漂白をするもので、エタノールは中和のために塗った後3分ほど(濃度によって時間はことなる)で中和するためのもので、別にあわてて塗ってもあわてなく塗っても大して意味は変わらないレーザーで皮膚を直接焼いて(焦がして)やる方法もある。ひりひりしようが要は剥がれればいいことであって、気にすることはない、まして歯に影響はない。 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp