登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯科高速タービンについて3

歯科高速タービンについて3

歯科ハンドピースの消毒方法に関して、学界は化学の消毒剤に浸す消毒を使うのが望ましくないと考えている、原因は以下があります:1.口腔の中の唾液、血液などの汚染物質は歯科ハンドピースの内部を入りやすくて、その上きれいに洗いにくいです。2.内部の構造は比較的に複雑で、配管は狭くて、消毒剤の入ることは不利;3. ハンドピースは潤滑したこと後で、潤滑油はハンドピースの内壁で一層油膜を形成して、内壁の上で物の接触を汚すことを付け加えて、殺菌の効果に達しにくいです;

 

4.化学消毒剤の濃度は制御しにくくて、ミスしやすい、消毒の効果に影響します。5.生物学的モニタリング法の監視測定を使うことができません;6.殺菌の後で必ず無菌操作に従わなければならなくて、殺菌の後で必ず水で洗い流さなければならないならば、水で洗い流した後にまた滅菌タオルを拭かなければならなくて、操作はとても不便です。

 

その他、熱い式の消毒方法を使ってハンドピースの危害性が非常に大きさ、その上消毒の効果は理想的ではありませんので、お勧めできません。次の理由:効果的な消毒温度が摂氏170度に到達しなければならない、温度が高すぎます。その温度が高すぎるため、歯科用ハンドピースの様々な部分の材料に対して破壊をもたらして、全体の構造が破壊、ハンドピースを使うことができません。2.消毒範囲内の温度は不均一である、殺菌の有効性を確保しにくいです。3.ハンドピースが変色しやすくて、不完全で老朽化して、外観に影響します。4.包装袋の消毒に使用することはできません。

 

高温を使う高圧蒸気消毒器(オートクレーブ)の方法は最も効果的で最も実現可能である、その上衛生部が公布した『医療機関の口腔診療の器械の消毒技術の操作と規格』の要求に合います。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp