登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯科用ハンドピース内部のクリーニングと潤滑

歯科用ハンドピース内部のクリーニングと潤滑

歯科ハンドピース内部の清潔と潤滑にすることはつまり潤滑油を注ぎ込むと言うこと。これは歯科機器のメンテナンスには必需の措置で、ハンドピーの性能に影響して、その回転速度、環帯と騒音を含んで、最終は更にその実用寿命に影響します。現在注油する方法は主に手動注油とスプレー式の注油があります。

 

手動注油。手動注油するのは主にスプレー式の潤滑油を採択するが、それでも少数者に依然として伝統の油ポットの滴注こともあります。スプレー潤滑剤をスプレーし、注油している方法は油ポット注入と比べて、明らかに良く使用します。スプレー潤滑剤は噴き出した時、圧力気流があるため、比較的にハンドピースのパイプの汚れ除去を持っていきやすくて、同時タービンが運転でベアリングの汚れを更に有効に除去することができます。また、スプレー潤滑剤に噴き出した潤滑油は霧の形になったので、これはそのタービンのモジュールの中の平均している付着、非常に良好な保護効果を果たしています。しかし、伝統的なオイルボトルドリップは、このような結果を達成することができません。

       スリーウェイシリンジ

スリーウェイシリンジ

スプレー式の注油する時、特別な注意を必要とする。オペレータは、操作が感染しないようにするには、マスクとゴーグルを着用してください。歯科ハンドピースは噴き出して付ける時オイルミストは周囲の環境を汚染しないように、ビニール袋に入ります。適当なノズルを選択して使用して、歯科用ハンドピースを押して、背面のブリード穴が吸気注入2秒噴き出します。噴き出して付けた後にハンドピースを正常の回転速度で運行して機首の内で余分な油を排除します。注油した後に、ハンドピースの外部をきれいに拭く、それから紙やプラスチック复合包装袋をロードして、次の消毒のプログラムを行うつもりです。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp