登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯髄炎の対処法

歯髄炎の対処法

歯髄炎は、普段見えているエナメル質の内側の象牙質という部分のさらに内側にある歯髄と言う部分が細菌に感染したり、歯科治療の際に使われた材料によって炎症を起こす事で歯髄炎となります。 知覚過敏と症状が似ており、「歯がしみる(痛む)」ということを考えれば、知覚過敏も歯髄炎の1つといえるかもしれません。 

 

 た一言に「歯髄炎」といっても、症状が慢性的なものなのか?一時的なものなのか?などによっても治療法が異なる場合がありますので、当たり前の事ですが、「歯がしみる、痛む」場合は早めに歯科医の診察を受けましょう。 

歯髄炎の原因は細菌感染が最も多いのですが、そのほかにむし歯の治療時に使用する薬物の化学的刺激、温冷熱や歯の咬耗(こうもう)や磨耗(まもう)などの物理的刺激、また、外傷による歯の打撲や破折(はせつ)によっても起こります。 歯髄炎は、病変の広がり方と急性・慢性状態によりさまざまな症状を示します。急性歯髄炎は、自発痛があるか、誘発痛が生じたあとその症状が長時間持続します。慢性歯髄炎は、自覚症状がまったくないものから、不快感・違和感が長期間持続するものまであります。  

 

歯髄炎の治療は痛みが比較的軽くて持続性ではない場合は歯髄充血の可能性もあるので、その場合は感染した象牙質だけを取り除き虫歯の穴に仮のセメントを詰めて経過観察し、痛みがない場合は歯髄を残します。そして歯髄炎による痛みが激しい場合は歯髄を取り除いて根管充填します。応急措置としては虫歯の部分を取り除いて歯髄腔を開くことで歯髄の内圧が下がって痛みが消えます。

 

歯髄炎の対処法は、明らかに虫歯で穴が開いていて、神経が生きている場合で、市販の根治水などを入れるのが効果的です。当院では、歯の痛みをとる方法(紫綬以遠の痛みをとる方法)は、CCやドックベストセメント、コールドレーザー照射などで対処します。 

 

歯髄炎を放置しておくと歯髄壊死となり、温度刺激による痛みは感じなくなります。外傷により脱臼した歯が、歯髄診断器で歯髄壊死となることもあります。症状は、歯の色が変わってくる、虫歯があって冷たいものがしみていた歯がしみなくなった、などです。 上記の歯髄炎の対処法は、歯周炎で、歯肉に腫れがある場合や、神経が死んでいる場合などでは、逆効果です。 

 

 

    電気的歯髄診断器YS-DT-A

電気的歯髄診断器YS-DT-A

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp