登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 根管充填における側方加圧充填の応用

根管充填における側方加圧充填の応用

一般的に根管治療は根管用意、根管消毒、根管充填3つの手順を管理します。その中根管充填は歯のガッタパーチャと糊剤根管充填剤 を使用して、そして側圧法を詰めて、つまり、糊剤根管充填剤を充填されて、その後ガッタパーチャポイントを挿入して、根管充填機はガッタパーチャの先に側に推し進めて、隙間を残します。それから、別のガッタパーチャを挿入し、完全に満たされるまで挿までに至ります。根管を詰めるのが整っていさせるため、在このような根管側圧のプラガーを生産しています。

 

従来使用されている歯科用根管充填材はガッタパーチャを主剤とするガッタパチャ・ポイントである。 根管充填の材料には、大きく分けて、2種類あります。一つは、糊みたいな流動性のある物、もう一つは、ガッターパーチャと言う、ゴムの親戚の様な固体が あります。ガッタパーチャは固体ですが、熱をかけたり、ユーカリ油につけると、半固体になる特性を有しております。この性質がとても重要なのです。 

 

ガッタパーチャは固体ですが、熱をかけたり、ユーカリ油につけると、半固体になる特性を有しております。この性質がとても重要なのです。このガッタパーチャによる根管充填でも、2種類あります。それは、側方加圧充填と、垂直加圧充填です。先紹介したガッタパーチャの先に側に推し進めて、隙間を残しますための方法は側方加圧充填です。 

 

側方加圧充填のに対して、垂直加圧充填の場合はガッターパーチャーを根の先の方に向けて押す方法ですこの方法は、ニッケルチタンファイル針みたいな器具を刺します。そして、垂直的に加圧する事による、ガッターパーチャーの連続的な波動が起こる事により緊密な根管充填が行える方法も使います。根充後とはいえ、油断してはいけません。仮封が取れてしまったら菌が根尖まで漏洩します。

 

  RDT®コンデンサー 根管ペーストキャリア

RDT®コンデンサー 根管ペーストキャリア  


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp