登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 食べ物と丈夫な歯

食べ物と丈夫な歯

歯は体の一部なので、食事からバランスよく栄養を取ることが大切です。歯を作っている主な栄養素はカルシウムですが、その土台となるのはたんぱく質です。歯や骨、血液などを強くするためには、カルシウムだけでなく、鉄やマグネシウム、リンなどの無機質も欠かせません。

 

ビタミン類はカルシウムの吸収を助けたり、体の抵抗力を強くするために、たっぷり取りましょう。また、食物繊維の多いものをよく噛んで食べることも大切です。唾液の成分が多くなりむし歯予防にもつながります。ソーセージや冷凍シュウマイなどの加工食品に頼りすぎる食生活は、栄養バランスが偏るだけでなく、歯のためにもよくありません。野菜と合わせたり、具沢山の汁物で栄養を補うなど、食べ方を工夫すると良いですよ。

 

食べ物をよくかんで食べることによって、唾液の分泌が促進されます。唾液は食べ物の消化や吸収を助けるだけではなく、お口の中を清潔に保とうとする自浄作用や殺菌作用があります。また、お口の中のpHを中和して虫歯になりにくくする緩衝作用があることもわかっています。 口角炎になった場合の治療法としては軟膏を塗ったり、抗生剤を投与してもらったりして治す以外にもビタミン補給で症状を改善させたりするそうです。

 

特にビタミンB2が不足すると口角炎になり易いため、ビタミンB2を積極的にとると良いそうです。その他、ビタミンCも治癒力を高める効果があるため摂取すると早期回復が期待できるようです。症状にあった治療法で対処していきましょう。

 

通院中の患者さんから、よく“ 私の歯は、虫歯になり易いのですか? ”と、質問を受けます。 歯は、ハイドロキシ アパタイトという結晶によって出来ていますので、欠けの無いきれいな結晶で出来ている(結晶性が高い)歯は、不純物が侵入する隙間が少ないので虫歯になりにくいと考えられます。 

 

また、萌出(歯科機械)間もない歯は、幼若で弱のですが、時間の経過(歯科材料)と共に、形は変わらずとも成熟度を増して硬くなり、虫歯菌に対する抵抗力が徐々にたかまります。でも、“ そのような丈夫な歯は親からの遺伝子で決まるのでは? ” と諦めないで下さいね。先の歯の萌出スケジュールにありました様に、あなたのお子様の歯は正に今、この瞬間にも創られ続けているのです。“ 丈夫な歯を創るために、歯に良い食事を摂る。“ この、地道な努力をコツコツと続けて頂ければ、丈夫な歯ができるのです。生涯自分の歯で咬むための準備を 是非、今から始めて下さい。余りにも遠大な計画なので、お子様にはなかなか伝わらないかもしれませんが、お母様の腕の見せ所です。マイルネットは、頑張るお母様のサポーターで有りたいと願います。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp