登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 変色歯に対するスケーリング

変色歯に対するスケーリング

変色歯は一般的には外因性と内因性着色して、および歯自体の原因、例えば加齢に伴う変化などの要因に分けます。外因性の着色は主に喫煙、お茶、コーヒー、ワインに起因し、さらに茶色の漢方薬を飲むされて歯の着色をしそうです。内因性着色は主に、テトラサイクリン、歯のフッ素症のように、内部の先天性変色歯を指します。歯の着色、2つの異なるタイプの治療は完全に異なっている。

 

因性の着色は主に口内を清潔にするスケーリング方法です。内因性の着色は漂白採用、またはカバーすることができます。超音波スケーラー:外因性の黄色い歯適用。歯ぐきの硬い歯石を取り除いて、歯周症を予防・治療することができます。しかし注意する必要があったのは、時間は3ヶ月または6ヶ月にわたって、二回目のスケーリングをします。

 

 

Woodpecker®-超音波スケーラー-EMS-UDS-J

 

Woodpecker®-超音波スケーラー-EMS-UDS-J

“過酸化尿素”は漂白します:テトラサイクリンの歯の漂白に適用します。それは歯面の色を漂白して、副作用がありません。しかしこのような漂白剤は一定の時間を通って、歯は元の色を復元します。

 

スケーリングの後、一般的な食事には影響を与えません、敏感な症状はある患者様がありますが、特に重度の歯周病は、アレルギー症状がより明らかである。このアレルギーの痛みは、短期間で痛みを消えます。スケーリングした後、主に歯垢の形成を制御するために、歯間ブラシ、デンタルフロス、ブラッシングは正しい方法で使用します。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp