登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯肉圧排とは

歯肉圧排とは

差し歯や詰め物の長持ちは、適合性(ぴったり合うこと)って言うでしょ。じゃあ、この‘ぴったりに合う’には、『歯肉圧排・はにくあっぱい』という手技が必要なんです。 歯肉圧排は、非常に手間のかかる処置のため、あまり一般的には行われていません。しかしそのメリットは大きく、根元近くまで型取りができるため精密なクラウ ン(歯のかぶせ物)が作成できます。 つまり、差し歯や冠を自分の歯とぴったりに合わすには、削った歯と歯肉の境目をしっかりと現すことが重要なんです。

 

歯肉圧排とは、 差し歯を作る際、できるかぎり差し歯が自然に歯肉から生えているように見せるよう製作する為、一時的に歯肉をひろげて歯の辺縁部を明確・精密に型取りできるようにする作業で、主に歯と歯肉の間に細い糸を入れて型取りをします。 

 

歯肉縁下に置かれた冠縁の不適合は, 支台歯およびその周囲組織に為害性を及ぼすといわれている. 歯肉縁上の冠縁にくらべて, 縁下の冠縁の適合性が劣るとすれば, その直接の原因は, 歯肉縁下での支台歯形成, 印象採得の技術的困難さにあると考えられる. テンポラリークラウンを利用して歯肉圧排を行い, 圧排された歯肉の形態, 圧排量, 圧排の持続時間, および歯肉溝上皮の炎症についての観察を行ったところ, 圧排用テンポラリークラウンによる圧排法は, 歯肉縁下の支台歯形成, 印象採得を正しく, しかも容易に行うのに有効な手段であると思われるので報告する. 

 

ピッタリさせるためには印象(型取り)の精度が大きなポイントとなりますが通常、保険診療での金属鋳造冠やレジン前装冠では、審美性を求めないので補綴物のマージン(かぶせ物と歯との接合面)を歯肉溝内に設定することはしません 「歯肉圧排」とは歯肉と歯根の間に充填材が適切に流れるように歯周ポケット内に糸を挿入し、マージンをはっきりさせ、正確に印象するために行いますクラウンやブリッジの審美修復においては、絶対に必要不可欠な作業なんですね。

 

例えば、銀歯等を作る時に型採りをしますが、当院ではその時に精密にきれいな冠を作るために、歯と歯肉の境目に糸を置いていく歯肉圧排という方法を行っています しかし、このような治療をおこなうには、歯科衛生士さんの歯ブラシ指導で歯肉の状態が良くないとできません。また、仮歯も上手にできていないとダメなんです。  

 

 

マイクロアプリケーター-5個

マイクロアプリケーター-5個

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp