登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 根管長測定器は根管治療に対して重要性

根管長測定器は根管治療に対して重要性

根管トップの1/3区域前が正確な根管の作業長を持っている必要があります。根管の作業の長さはクラウンから根尖狭窄(象牙質とセメント質の接合部)に一定の基準点である距離です。 多数の歯根部の根管が側で開口距離約0.5--4mmですから、単に歯科レントゲンを通じて(通って)正確な長さを確定することはできません。

 

根管長の正確な判断はずっと医者の難題です。 先進的な様々な方法によって測定されるようにを確定する根管長は、歯を抜いた後の測量に比べて、精確できません。しかし私達の治療目的は歯を維持することです、歯を抜いた後測量することはできません。そのため、我々は、高精度根管長測定器を利用して、根管長を精確な測定します。もし確な根管長がないならば、根管形成、洗浄、充填、その意味を失っています。徹底的用意しても、精確な長さではないならば、すべては無駄な努力になった。

 

先進的な測定機器は、歯髄の活性測定と根管長測定機能に集まるべきです。二つの電極のインピーダンス変化を利用するのは根管の長さを測定します。髄の活性脈動の刺激を利用して歯髄の活力を測量します。精確な長さを確認して、完璧な根管充填を行うことができます。根管治療を行い場合は先進的なな機器や材料を利用するべきです。高品質·高効率基準の効果を達成することができて、たとえ条件の制限がしても、根管長測定器も必要があります。

 

歯髄の活性脈動刺激を利用して歯髄の活力を無痛測定します。刺激強度は、患者の不快感を防ぐため、低い値から自動的に増加します。、同時に電流の安定性を維持するすることができます。測定した後の歯は、ディスプレイがその結果を保留して簡単に記録します。 

 

 

根管治療機器C-smart-L-(多機能装置)

根管治療機器C-smart-L-(多機能装置)

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp