登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯並びの悪さと姿勢の相互関係

歯並びの悪さと姿勢の相互関係

歯並びの悪さは、姿勢にも悪影響を与え、それぞれの相互関係で、体に悪影響を与えるようになってきます。 「姿勢の悪い子が増えている」というのは、小児歯科医のみならず、多くの人が感じていることでしょう。歯科機器を使って、臨床的な経験からいうと、猫背の子には過蓋咬合の子が多いようです。脱力系の子には上顎前突が多く、首が左右どちらかに傾いだ子は咬み合わせがズレている傾向があります

 

みなさんは正しい立ち方、座り方、寝方はご存知ですか?あまり気にしている人は少ないと思います。しかし、姿勢を意識してもらうと、それだけで噛み合わせが変わります。人体の基礎は歯の噛み合わせです。噛み合わせのバランスが悪いと、その下の柱である背骨が曲がってしまい、手足を含めて身体全体のバランスが崩れてしまいます。家と違い人体は基礎と柱が上下逆の位置関係になっているのです。 

 

噛み合わせの悪い方は、胸鎖乳突筋という首の筋肉を真っ直ぐにすることでバランスを保っているのが特徴です。噛み合わせ治療を行った、患者様の感想で、「歩いているとき、いつも原人のようにお尻をつきだして歩いているのがコンプレックスで、常にもとに戻そうと意識してました。それが、噛み合わせ咬合器の調整をしてもらったら、全く意識しなくても、真っ直ぐ胸をはって歩くことができました。」とおっしゃっていました。美しい姿勢と噛み合わせは深く関係があります。

 

歯科用 咬合器Sサイズ

歯科用 咬合器Sサイズ

 

姿勢が悪い、背骨が曲がるということはハイウエーが曲がり混雑し整備されていない状態、つまり脳からの指令が充分に行き届かず、また末端に生じた変化も司令塔に伝わらない、という混乱を引き起こします。これは、神経系の働きが悪くなり、各臓器が正常に働かず様々な病気の元になるということなのです。  

 

噛み合わせを正しく調整すると身体の根本から変わり本当の健康を得られる、気の流れがよくなる、姿勢がよくなり元気になる等々。また、食生活が欧米化されていくにつれて、現代人は口当たりの良い、やわらかいものを好んで食べるようになり、あまり噛まなくなってきました。よく噛むことは、上に示しましたように多くの良い点があるため、しっかり噛む必要のあるものを摂取していく必要があります。 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp