登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 高速ハンドピースは使用中のメンテナンス

高速ハンドピースは使用中のメンテナンス

1.もし条件があるならば、できるだけ2~3台のハンドピースを一回の治療に用意します(国外の多くの医者もこのようにする)。できるだけ1つのハンドピースが一回の治療で使う時間を減らします。使用時間が長すぎるため、過労で損傷を引き起こしやすいです。一般的な高速ハンドピースの速度は300 000- 500000回転/分であり、このような高速回転した場合で、いったん長い時間回転したら、大量の熱量に発生することができて、ベアリングリテーナが割れることを招きます。

 

2.高速ハンドピースは点を切断する作業で使用してください。ベアリングの損傷と歯の損傷を引き起こしないために、過度な力を加えないでください。もし回転速度は減らすなど異常があれば、できるだけ早めにバーを交換してください。

 

3.バーの正しい選択と交換

①機能、特徴、回転速度と異なるハンドピースはバーの選択も違います。

②ISO仕様の高速ハンドピースはバーの直径Φ 1.59mm~Φ1.60mmです。

ミニヘッド:19mm

スタンダードヘッド:21mm

トルクヘッド:25mm

③曲がった、使い古されたり、長すぎる、短すぎるバーを使用しないでください。 

④バーは摩耗することを避けるために、インストールする時コレットをしっかり底部に挿入します。

⑤高速ハンドピースがバーを持たないで状況で空回りしないでください

⑥変形やサビがあるバーはその中のばねを摩耗しやすいで、クランプ力が減少します。さらにフライングリードを引き起こす医療医療事故をもたらします。

 

 

Tosi®-歯科用高速ハンドピース(カップリング付き)トルクヘッド

Tosi®-歯科用高速ハンドピース(カップリング付き)トルクヘッ

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp