登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 使用したハンドピースのメンテナンス

使用したハンドピースのメンテナンス

1.使用したハンドピースは化学薬品に浸されていません。
化学シロップ剤に浸しハンドピースの内部では多数の結晶性を生成しますこの場合、ベアリングが高速回転する時に直接ベアリングリテーナが割れることを引き起こしやすいです。

 

2.手動注油と自動注油を正確的に使用してください。

①手動と自動注油する時、ハンドピースの頭部と後部に注意してすべて注油しなければなりません。一つでも不可欠です。

②適切な状況が何度か洗うことができて、ハンドピースを洗い終わった後に、ハンドピースの油は透明ということは是非確認してください。それならば、目的に達しますと言えます。

③一部のハンドピースでは、メンテナンスのために開くことができるなら、できるだけ開けて保養を行います。(例えば:外科用ハンドピースやその他の低速ハンドピース

ハンドピースの殺菌。

ハンドピースの頭部は、蒸気入口を遠く離れます。ゴムの製品が高温に耐えるのは有限で、蒸気入口の温度が過熱でゴムリングの変形や老化の原因となります。

②オートクレーブと貯蔵の過程でハンドピースの乾燥を保証します。特に外科用ハンドピースと技工用ハンドピースです。

 

3.高温高圧の水蒸気が油と反応、弱い酸性の物質に発生するため、ハンドピースのステンレス鋼の錆酸化を誘導する可能性が高いです。

ただし、衝突が避けられない場合はどのようにしますか?手でそっと少し回転して、もし回転するならば回転抵抗があって、損失を最小限に抑えるため、たとえほんの少しですとしても、直ちに修理を送って下さい。強制的に回転しないでください!通常、50%より多くのハンドピースが衝突した後で、修復することができ、費用はとても低いです。しかし、強制的な回転はベアリングの損傷や風力ホイール変形の原因となる場合は、メンテナンス費用はほとんどハンドピースの価格の50%〜80%です!甚だしきに至ってはハンドピースがスクラップさせます! 

 

 

Jinme®歯科-高速ハンドピース(カップリング付き)トルクヘッド

 

Jinme®歯科-高速ハンドピース(カップリング付き)トルクヘッド

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp