登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 口腔内カメラの応用

口腔内カメラの応用

口腔は人体でとても重要な構造で、今の医療設備が絶え間ない更新に従って、口腔内視鏡が各大病院と外来診察中での使用はますます広くなります。口腔の内視鏡は特殊な構造されるカメラレンズは、口腔に伸ばして入ることができて、コンピュータあるいはテレビのスクリーンで画像を大きくすることができて、はっきりに表示されます。

 

口腔内カメラの協力のもとで、歯科医師は軟硬組織の病変を発見することができます。そして患者に直観的に、全面的に自分自身の口腔、歯の表面の汚れ、歯垢、歯石や歯肉炎歯肉炎などふだん自分で見ることができない歯疾患と歯の欠陥を調べることができます。

 

しかもこれらの画像はさらに患者のデータベースに保存して、文字、図形、X線画像などの情報と共に新世代の電子カルテを構成して、とても便利で、診療、学術報告などの場所で運用します。

 

このたび、新しい型の口腔内カメラを導入しました。このカメラの使用目的は、ご自身のお口の中を、できるだけ客観的にビジュアルに確認して頂きたいからです。口の中、特に奥の方を患者さんご自身に説明する場合、鏡を使ってもなかなか見ることができません。虫歯の状態や、汚れの付き具合などをよりご理解しやすいように、この口腔内カメラを使って説明しています。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp