登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯の神経の治療について

歯の神経の治療について

皆さんは、歯科医院へ行って歯の神経を抜いたことはありますか?

『この歯は虫歯が深いので、神経を抜く必要があります。』
『しみるのが治らないので、神経を抜きます。』
『痛い理由がわからないので、神経を抜いてみます。』

等々、神経を抜く理由は色々ありますが、神経を抜いた歯と、神経が残っている歯の寿命を比べると、将来的に神経が残っている歯の方が寿命が長いのが一般的です。そこで、近は深い虫歯でも、出来るだけ神経を残すような治療法が出てきました。虫歯の進行がすすむと、虫歯菌が歯の神経の中に侵入し、一気に病状が悪化します。歯の神経は、歯の表面と違いとても軟かく、虫歯菌にとっての餌が山ほどある組織です。

 

また、歯の神経は菌の侵入を「痛み」という警報装置によって知らせてくれます。冷たいものや暖かいものがしみる、何もしなくてもズキズキ痛む、といった感じで。痛みが出ていたら絶対神経をとらないといけないわけではありませんが、痛みが強い場合は、菌が神経まで侵入している可能性が高いですので、歯の神経をとらないといけないことが多いでしょう。

 

まず、神経(根管治療)が入っていたパイプ(管)の中をばい菌が繁殖して根の先に出ないように、針に似た道具(ファイルといいます)で徹底的に清掃拡大をし、その後、綺麗に清掃できたかをマイクイロスコープ(歯科治療用顕微鏡)で確認します。

次に根の先端の管の部分を完全閉鎖するための処置(蓋をしてバイ菌の垂れ流したものが体の中に入らないようにします)を行い、それが上手く行えたかレント ゲン写真を撮って確認します。

 

その後経過を観察した後、もろさを補強する為に歯髄の入った空間に歯の象牙質と弾性係数の比較的似かよった材料(今はグラスファイバーが使われるようになって来ました)で接着剤を用いて補強(歯科機械)して行き、そのように補強した歯を綺麗に削ります。その型を精密に採った後、型に石膏を流し込んで模型を作り、歯科技工士がその模型で精密な人工物を作ります。「歯医者に行ってるのに直らない!」というのは、多くの場合この根管治療です。

細菌を取り残した状態で詰め物を詰めたりクラウンをかぶせてしまうと、後々トラブルが出てきて大変な思いをすることになるので、根管治療は非常に重要な治療です。根管治療の治療期間は早い場合には2〜3回で終わることもありますが、長い場合には1〜2ヶ月位かかることもあります。(私の知り合いで、2年という人もいました.いつまでたっても直らない場合には歯が割れていたり、歯根の形が非常に複雑だったりする可能性もあり、抜歯になったり根の先を切る手術(歯根端切除術)が必要になることもあります。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp