登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯科材料は高い?

歯科材料は高い?

歯が痛くなる原因は様々ですが、痛くなった頃には、大抵、癌のように取り除いて、その部分に代わる人工の臓器(詰め物などの材料)で補う必要があります。 歯科でお金がかかるほとんどの原因は、材料代なのです。日本人は1年間にだいたい4万円くらい歯医者さんに使っているのです。しかし、半年に1回定期健診に行って、唾液の検査や虫歯の検査、クリーニングなど。

 

歯科治療では、悪くなった歯の部分を除去し、そこに金属や樹脂、陶材等の人工の歯科材料を詰めたりかぶせたりして、修復を行います。その際には、歯と同じような硬さや強度、口の中で溶け出したり、変質しないなどの性質が求められます。修復が必要な歯の状態や、噛み合わせ等を考慮して、適した材料で治療することが理想です。 

 

虫歯の状態、虫歯の部位などにより、材料や、形態がかわりますが、大まかには「詰める」「被せる」にわけられます。 金を主体とした合金。歯科用金合金は金、銀、銅の3成分を基本にして、これに白金やパラジウムを加えたものです。純金(K24)は軟らかすぎるため、歯科材料としてはあまり使用しません。主にK20、K18などの合金が使用されます。適合が良く、歯科材料としては優れています。 

 

定期検診で行く予防歯科では、虫歯をチェックするのは、レントゲンやお口の中の写真、そして、最低限の薬剤などです。そこには、そんなに材料代がかかりません。 歯が抜けて、 高額な治療費がかかります。 世界中で、入れ歯が保険でできる国はほとんどありません。ドイツと日本が例外ですが、ドイツでもほぼ半額は自己負担です。入れ歯やクラウン修復などについて、7割も公費で負担してくれる日本は例外中の例外です。  

 

デジタルX線センサー

デジタルX線センサー


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp