登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口腔カンジダ症について

口腔カンジダ症について

近年、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症の付随疾患としても注目されています。口腔カンジダ症はその病型により偽膜付着を伴う紅斑性またはびらん性粘膜や白色肥厚性粘膜など多彩な肉眼像を呈し、時に潰瘍形成を伴います。真菌に属するCandida albicans による口腔粘膜感染症で、口腔真菌症のなかでは最も多い疾患です。 

 

カンジダ菌感染症は精神症状や倦怠感や不定愁訴があるので自律神経失調症やうつ病と間違えられることがよくあるようです。カンジダ感染症の場合の特徴としては強い倦怠感があり、ひどい場合ですと立ち上がることすら出来なくなる場合があります。また独特の甘いような口臭(歯科用品)があったり、歯茎に白いコケのようなものが出てきたりします。

 

カンジダとはカビ(真菌)のことで原因菌は「Candida albicans」が主です。カンジダ菌は健康な人の口腔内にも常在菌として存在します。しかし他の細菌と共存しているためカンジダ菌だけが急速に増殖することは滅多にありません。しかし以下のような場合には増殖して病気の元になる場合があります。


病気の治療のために、抗生物質、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬、免疫抑制薬(めんえきよくせいやく)を長期間使用しているときや、放射線治療などでもおこることがあります。新生児や乳幼児の口腔カンジダ症は、母親が感染源のことが多いものです。新生児や乳幼児は、もともと感染に対する抵抗力が弱いために、母親が外陰カンジダ症や腟(ちつ)カンジダ症にかかっていると、原因菌が直接、感染することもありますし、よく消毒しなかった哺乳(ほにゅう)びんや乳首から感染することもあります。 

 

高齢者では、義歯(ぎし)の手入れがよくないと、義歯の下にカンジダの増殖がおこることがあります。診断のため、培養検査で菌の種類を確認するほか、病変部の組織を採取して、顕微鏡検査で菌体の確認が行なわれます。  

 

 

        Woodpecker®根管長測定器WOODPEX1

Woodpecker®根管長測定器WOODPEX1

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp