登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯周病は放っておくととても怖い病気です

歯周病は放っておくととても怖い病気です

 歯周病は歯を支えている部分すなわち歯肉や骨の病気です。虫歯と同様に歯の表面に付いた歯垢(しこう:プラークとかデンタルバイオフィルムと呼ばれます)の中にいる細菌が原因で生じる、いわゆる感染症です。

 

 

 

昔は歯肉から膿みが出て歯がぐらついてくることから「歯槽膿漏(歯科機器)」と呼ばれていましたが、その実態は歯の表面に付着した細菌が引き起こす炎症であることから現在では歯の周りの病気、「歯周病」と呼ばれています。成人の80%以上が、程度の差はありますが歯周病といわれています。歯周病は歯を失うだけでなく、全身の健康にも大きな影響を与えます。すぎもと歯科では予防できるものは予防し、治療により回復可能なものはしっかりと原因を調べ取除く治療を行い、できる限り長くご自分の歯を残していけるよう努力をしています。

 

 

歯周病で恐いのは、自覚症状のないまま少しづつ進行し、自覚症状がでる頃にはかなり進行しているという点です。一旦進行してしまうと歯周病は自然に治ることがありません。

 

また、1本ずつ悪くなるのではなく、顎全体的に進行することが多いため、ある時に急に何本もの歯を失うことがある、怖い病気です。

 

よく歯を磨かなくてもむし歯や歯周病に罹らないヒトがいて、歯を磨かなくても平気と云う人がいますが、この場合でも歯や歯茎は歯周病に感染していますが、歯周病が進行しない状態なのです。その理由は、体には免疫機能があって、顆粒球(根管治療機器) 65% 、リンパ球 35% 位の割合で異物(感染菌を始め悪玉菌)の侵入に備えています。

 

 

体調が不良だったり、ストレス、喫煙などの生活習慣が加わるとこのバランスが崩れてきます。顆粒球が増加すると、歯周病は進行して悪化の傾向をたどります。規則正しい生活を行って免疫機能を高め、生活のリズムを崩さないようにすることは生活習慣を守る大切な事の一つです。しかし、リスクファクターと云って先天的に歯周病に罹り易い遺伝子を受け継ぐ場合もあり、自分の体についての情報を知る事も大切です。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp