登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 蒸留水器の作用

蒸留水器の作用

蒸留水は、文字通り、水を一旦蒸発させて、冷やして再び水に戻したものです。 蒸留器の原理は、水を沸騰させ、その水蒸気を取り込むことにより、水の不純物を取り除きます。浄水器や整水器は不純物の10%程度までしか除去しませんが、この蒸留器は99.9%もの不純物を除去します。

 

蒸留で作る水は、蒸留しているから全ての不純物を取り除き、また長時間沸騰させているから細菌やウィルスなどの有害な菌は死滅してしまいます。蒸留水は海外では自然水やミネラルウォーターよりもグレードが高い水として扱われて一般的に飲料水として飲まれています。 

 

水蒸留器は飲み、調理し、そして他の世帯ののための非常に扱われ、消毒された水使用作り出す。 蒸留プロセスは鉱物および微生物学的な汚染物を取除き、化学汚染物のレベルを減らすことができる。 水蒸留器は視覚で安全な汚染されたり意図されていない水も扱うように、微生物学的に飲料水に廃水も変えるように意図されていない。 

 

蒸留水は、日本ではまだまだなじみの薄いものです。しかし、本当に健康を考えておられる方々に、少しづつ認知されつつあります。 水が腐るのは雑菌が繁殖するからですが、蒸留水には雑菌の餌となるミネラルや有機化合物が存在しないために腐りにくくなります。 日本は、水事情に大変恵まれており「水は買うものではない」という考えが長く浸透しており、きれいな水をつくる蒸留装置よりも、どちらかというと水に付加価値をつけたアルカリイオン生成水などの整水器の技術の方が進みました。 

 

治療用歯科器具の滅菌は蒸留水滅菌器が必要です。蒸留水を高圧高温にし、発生した蒸気で滅菌処理を行います。治療で使用する器具などは、この高圧蒸留水滅菌器で滅菌処理されています。

 

歯科用蒸留水器  

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp