登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > エナメル質の表層下脱灰とは

エナメル質の表層下脱灰とは

歯の表面に白い斑点のようなものが見られる方はいらっしゃらないでしょうか?この白い斑点は、ホワイトニングや乾燥によって色が濃くなってしまうここがあります。 年齢を重ねるに従い歯が黄ばんできます。実は、この白濁(白斑)の正体はエナメル質の表層下脱灰なんです 。不潔な暗いイメージを与えます。歯の表面のエナメル質は加齢とともに透き通り、歯の中の象牙質がよく見えるようになり、歯が黄色く見えます。 

 

また、歯の表面のエナメル質の部分に白い斑点がある、くぼんでいる、溝があってがたがたである、縞模様になっている、もしくは全くエナメル質が無く、透明度が少なくなり、全体が濁った感じである等の症状のこと。原因は乳歯の時の外傷、炎症によるものや栄養障害、遺伝等が考えられます。 

 

歯が黄ばんでいると相手に清潔な印象を与えられませんし、自分自身も自信が持てずに上手に笑うこと出来なくなってしまいます。そこで今回は日常的にできる簡単ケアのみ抜粋してご紹介します。  皆さんは毎歯磨き前にデンタルフロスを使っていますか?歯と歯の間にある歯垢を取ってくれるフロスですが、実はその歯間のステインも取ってくれる効果があるんです。ですので、使用していない方はいますぐ取り入れましょう。 

 

また、コーヒーや紅茶に緑茶でステインが付いてしまうと ストローを使うのが難しい場合は飲んだ後にさらに水を飲んで、 着色した唾液を洗い流せば大丈夫です。あるいは、超音波スケーラーを使っては良いです。それでもガムを噛むことでステインや汚れを浮かしたり、少々なら落とすことが可能なんです。さらに口臭も抑えてくれるので、気になったら噛めるように、いつでもガムを持ち歩くことをオススメします。 

 

ニンジンやセロリ、リンゴなど歯ごたえのある生の野菜や果物は、歯の表面に付いているステインを取り除くだけでなく、唾液を刺激して歯を変色させる酸をも除く効果があります。食後のデザートをリンゴに変えれば、歯が白くなってダイエットにもなって一石二鳥ですね。  

 

歯面漂白用加熱装置・歯科用ホワイトニング装置C-Bright-B

歯面漂白用加熱装置・歯科用ホワイトニング装置C-Bright-B


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp