登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは

歯ぎしりの症状にはいくつかの種類があり、歯を左右にギリギリと擦り合わせるGrinding(グラインディング)と呼ばれるタイプの症状や、歯をグッと力強く噛み締めるClenching(クレンチング)と呼ばれるタイプの症状、そしてカチカチと音を鳴らしながら歯を合わせるTapping(タッピング)と呼ばれるタイプの症状があります。

 

私たち人間が日中活動している間、上の歯と下の歯がもっとも多く接触している場面が食事のときです。一日の中で、上の歯と下の歯(咬合器)が接触している時間は15分といわれていますが、その大半が食事中の時間になります。しかし、これが睡眠中になると状況は一変し、上の歯と下の歯の接触時間が、長い人では1時間30分にも及ぶ場合があるのです。

 

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が停止、または低下してしまうことをいいます。睡眠時に呼吸が停止または低下してしまうことによって、心臓病、高血圧、脳卒中、糖尿病などを発症する確率が高くなるという報告もありますこのように、睡眠時無呼吸症候群は、身体にとって非常に重大な事態を引き起こす原因となるのです。

 

これは、睡眠中、感覚器の伝達経路が遮断されているため。起きているとき、音は筋肉から脊髄を通って脳へと伝えられる。ところが、眠ってしまうとこの回路がはたらかなくなってしまうのだ。例えば、虫歯があって歯が痛いとき、高さが不適合な金属冠歯科通販があるとき、歯の抜きっぱなしなどにより、噛み合わせが狂っているときなどは、こうした現象が起こりやすい。もうひとつの理由は、精神的、または肉体的なストレスだ。歯ぎしりすることによって、不安や憂鬱を発散させているのである。 

 

歯科用咬合器

歯科用咬合器


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp