登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > デンタルレントゲンについて

デンタルレントゲンについて

レントゲンは病院や医療機関では、不可欠の医療歯科機器である。その役割は取って代わってはいけません。 科学技術の発展にとともに、周波数のX線が避けられない弱点がたくさんあります:

1、体積と重さは巨大です;

2、出力波形のリップル率は大きくて、、X線量が不安定である、軟X線がわりに多いです;

3、暴露パラメーターの精度と再現性はわりに劣ります。

 

小さなレントゲンは「デンタル」と呼ぶことが多く、2~3本の歯を精密に撮影するために使用します。お口の中に小さなフィルムのようなものを入れていただき、外側から筒のようなものを当てて撮影します。例えば、根っこの治療をした後など、しっかりお薬が入っているのかを確認するために撮影します。 

 

レントゲン撮影は歯科治療の中で多く行われる検査方法のひとつです。虫歯や歯周病の進行具合や現在の歯並びの状態、親知らずの状態を確認するのに多く用いられる歯科の基本検査です。 むし歯の進行範囲、肉眼で見ることのできない歯の根、骨の状態などを、できるだけ多く知るためにレントゲン撮影を行います。 

 

 

ボータブルデジタル式X線診断装置BLX-8X 

 

ボータブルデジタル式X線診断装置BLX-8X

レントゲン写真を用いてカウンセリング時に現在の口腔内の状態や具体的な治療方針を決める事が多いです。虫歯の進行状況の確認や、肉眼では絶対に発見できないような場所(歯と歯の間、被せ物、詰め物の内部など)の虫歯が写ることがあります。 レントゲンに写っているのは、外から目では見る事の出来ない、内部の状態や構造などです。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp