登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯石の取り方についてのこと

歯石の取り方についてのこと

 歯石取りはただ単に歯石を取り除くというだけでなく、定期的な検診によって磨き方が不十分な部分の指摘を受けたり、最悪虫歯になった部分の早期発見ができること、さらに虫歯だけでなく歯垢・歯石のレベルでの予防策が日常生活で身に付くことなどが挙げられます。

 

歯石を放っておくとどうなるの?歯石を放っておくと歯茎が腫れたり、痛んだり、硬いものが食べにくくなったりといった症状が表れます。更にその上に歯垢がたまっていき、大きな塊になることもあります。歯肉に負担がかかって歯周病の原因になります。細菌がたまっていき、体の内部に入ると様々な病気を引き起こします。歯石取りの道具も売られていますが、細部まで自分で取るのは難しいものです。歯周病を予防するためにも、歯垢や歯石を取ることは大切なことなのです。鏡でこまめにチェックしておきましょう。

 

歯石日常生活で痛みは全然ありませんが、熱さや冷たさがジーンと歯に響くので、食事がかなり遅くなりました。外食などでは他の人の倍くらいの時間が掛かる感じです。1本か2本とはいえ、歯石を取るのも歯に響きます。歯石を取るのは歯周病治療の一つとして行われます。まず、簡単に口全体の歯石を取ります。普通超音波スケーラ歯科機器で1回乃至2回で終わります。しかし頑固な歯石がある場合、何回かに分けて徹底的に取りますが、この時歯面の平滑化も合わせて行い、ハンドスケーラも使います。また歯茎の下の部分に器具を入れるので痛みが強い場合には麻酔下で行う場合もあります。従って、歯周病の程度によって必要な処置もかわってきます。また、患者さんがどの程度まで治療を受け入れてくれるか?によってもかわってくると思います。

 

歯医者へ行かずに歯石を取り除くことは可能でしょうか? その答えはありえないです。歯石は見えてるところにあるものは氷山の一角で10%程度だけです。歯石にがでるとおとなしく超音波スケーラーで治療してください。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp