登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 不正咬合についての紹介

不正咬合についての紹介

 不正咬合になると、美容上の問題だけでなく健康状態にも影響が出てきます。まず、歯磨きが隅々にまで行き届かずに、虫歯や歯肉炎になりやすくなります。また、食べ物がよくかめないので胃に負担がかかる上、唾液のでも少なくなり、唾液中に含まれている消化酵素が働かずに消化力が弱くなります。不正咬合が発生する場合に専門な歯科機器をお用いて治療するのは必要です。

 

不正咬合原因は大体二つ分けられています。遺伝やくせによるもの1は遺伝的な原因としては、あごや顔面の大きさ、歯の大きさ、形および数などが関係し、また、異常な飲み込み方や、舌(した)を出したり指をしゃぶるなどのくせ、鼻の病気でいつも口で息をすることが原因になることもあります。2は歯の生え方の早さと遅さ 出生時にすでに萌出(ほうしゅつ)している(生えている)乳歯(にゅうし)は出産歯(しゅっさんし)と呼ばれ、生後30日以内に生えてくる場合は新生歯(しんせいし)と呼ばれます。これらの歯は通常12本であることが多く、一般的には下顎の乳中切歯部(にゅうちゅうせっしぶ)にみられます。逆に平均的な萌出時期よりも遅れて生える場合には、その原因を探ることはむずかしく、専門医への相談が必要です。

 

不正咬合の種類歯並びが悪い状態を総称して不正咬合と呼んでいますが、その種類は沢山あります。歯がガタガタに生えている叢生、いわゆる出っ歯と呼ばれる上顎前突、下の前歯がかくれてみえない過蓋咬合、下の歯が上の歯より前に出ていて受け口の原因となる反対咬合、前歯が噛みあわせていない開咬といったものがあります。どの不正咬合も噛みあわせが悪くなり、発音が不明瞭になる、審美的に損なわれるといった問題が生じてくるので専門医で検査を行い適切な矯正治療を行って改善するようにします。

 

不正咬合の一般的な治療と預防方法は歯の定期口腔内カメラ検査,歯ブラシ指導,フッ素塗布,などの予防処置や虫歯の根管治療をし,さらに歯が早く抜けた場合には子供の入れ歯をつくってくれます.このような予防処置をして,小児の歯の発育を観察するようにすれば,多くの子供を不正咬合から救うことができるでしょう.最良の矯正治療は予防です

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp