登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 仮歯についての紹介

仮歯についての紹介

 仮歯と言うとなんのものですか?そもそも仮歯(歯科機器)というのは、歯を削って、そこに被せるクラウン(差し歯)ができあがるまでの間、その名の通り、仮の歯として、あなたの口の中で活躍する歯のことです。この仮歯ですが、長くても2週間ぐらいしか使わないものです。たったの2週間されど2週間です。「仮」とはいえ、その2週間の間は、普通に生活するんですから、仮歯もきちんとしたものを使いたいものです

 

仮歯といっても材料や使い方が様々あります。審美治療のセラミックマイスターコースで使っている仮歯は型取りした歯の模型から仮歯の形を作り24時間以上かけてお湯の中で固めて作製します。歯の形態や長さ、歯茎のラインとの相性など細部にまでこだわって仮歯を修正していきます。細かい作業が必要になるため、時に口腔内カメラ口腔内カメラ使うこともあります。

 

仮歯の入っている状況最終的に、完成品として入る歯は金属、硬質レジン、セラミックといった材質になります。それに対し仮歯は耐久性や材質面でも品質は低く、一時的な使用を目的としています。削られた歯がそのままでは見た目にも実用的にも患者さんにも不都合ですからこの場合の仮歯の必要性は理解しやすいと思います。専門的には歯を保護したり、歯の位置を保ったり、歯肉の形を整えたり、かみ合わせを維持したりと仮歯には重要な役割があります。仮歯は汚れやすいから定期的に超音波洗浄機で洗いましょう。

 

仮歯で過ごす時の注意事項はなんですか?歯を生きたまま削る場合は、処置後しみたり、痛みが出る場合がありますが、これは徐々に治まっていきます。歯の神経を取り除いてしまうと、その歯は枯れ木のようになり、折れやすくなります。

 

そのためできるだけ神経を生かしたまま、かぶせを作る処置をするようにしています。 もし痛みがひどくなったり、。仮歯は、調整しやすい樹脂の材料でできており、また、取り外しが可能なセメントで接着しています。硬い物、くっつきやすい物(キャラメル・ガム・もちなど)は仮歯が割れたり、外れてしまう可能性がありますので、避けるようにして下さい。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp