登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 根管手術後の注意事項について

根管手術後の注意事項について

 

根管治療は根管内壊死物質を除去することを通じて(通って)で、適切な消毒を行って、根管根尖周囲組織に対する不良な刺激を除去するためです。根尖病変を防止し、歯根尖周囲疾を癒合した治療法です。

 

 

 

注意事項について

 

1。治癒を確実に期待するような治療は患部に器具や薬液を直接作用させる必要がありますので、慎重に配慮しましても痛みや腫れを誘発することもあります。 そのときは我慢されずに鎮痛剤、抗菌剤等を服用いたします。 鎮痛剤はあらかじめお渡しする場合もあります。ひどい痛みのためやむをえず神経(歯髄)をお取りした時は麻酔が覚めたときに一過性に痛みが戻ることもありますので、麻酔奏効中に鎮痛剤を1錠お飲み頂くことがあります。

 

 

2.根管治療はより複雑であり、医者にっとて、歯体構造の解剖知識と熟練な技術が要求して、同時に歯科専用の根管治療機器

 

 

 

根管治療機器-エンド-C-Smart-I

根管治療機器-エンド-C-Smart-I

 

 

 

 

 

 

 

 

や材料も必ず必要あります。そのため、根管治療は、より多くの時間がかかり、そのうえ、コストが比較的高いです。

根管治療する時、または治療した後に恐らく短時間で調子が悪いことが現れています。通常抗炎症鎮痛剤を服用して、緩和できます。局部には不快感があれば、医者に告知して処理します。

 

3.起こす原因不明の歯髄の変性を変え、例えば根管内の吸収、髄石歯髄は歯の病理の変化などを引き起こす。歯髄炎発展し続け、ミイラ塑化治療失败、歯週病逆行感染症の根の先に病変。根管治療術はすべて決して一度クリア治療によって、医者は患者の臨床検査の状況、分別を分割して治療を行って、普通は、根管治療分2-4回受診できる。

 

4.根管治療は通常の治療に比べ、患者様から見えない歯の根の先を何度も繰り返し治療する根気の要る治療ですが、治療の途中で痛みがなくなったからと通院をされなくなってしまいますと、その歯は抜歯しなければならなくなります。そうなるとその前後の歯もブリッジをしたり、義歯(入れ歯)を入れたりしなければならなくなってしまいますので、しっかりと最後まで治療しましょう。

 

 

 

 5.いくつかの慢性根尖歯周炎の患者が、根管治療する時、根尖炎症静止状態になっています。治療する時、痛みがあります。医者は治療中で根管を洗って、根管の根管内感染物質を取り除くためです。この時医者は必ず器械を使って操作しなければならなくて、この時に患者静止する状態の炎症を誘発します。もし患者の抵抗力は低いならば、治療の後で消炎薬を服用しない場合は痛み感じます。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp