登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 生活習慣と歯周病の関係

生活習慣と歯周病の関係

 

生活習慣病としての歯周病生活習慣病とは「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲食などの生活習慣が、その発症・進行に関与する症候群」のことです。歯周病は感染症ですが、一方生活習慣によってその発症・進行が大きく左右される側面があり、生活習慣病ともいえるのです。わかりやすい例では歯磨きをきちんと行うという生活習慣ができていれば、歯周病の発症と進行はかなり抑えられるということです。

 

食生活の改善は歯周病にっとて歯周病に限らず何らかの病気にかかっている方は食生活を見直し、また健康な身体を維持するためにも食生活は非常に重要となります。特に歯周病の原因菌である歯垢は糖分をエサに増殖して行きますので、糖分の多い食生活を続けていると確実に歯周病へのリスクが高くなってしまうのです。歯周病を避けるために超音波スケーラーで口腔を清潔しなさい。

 

 

睡眠と歯周病の関係睡眠不足やストレスも歯周病の進行を早めてしまいます。睡眠不足になると人間の体は抵抗力が落ちるので、歯周病菌に感染しやすくなり、さらにストレスが溜まっていると睡眠時などに気付かないうちに歯ぎしりをしたり、歯を強く噛む事が多くなるため歯周病へのリスクが高まってしまいます。歯周病を止めるように定期的に口腔内カメラで検査しましょう。

 

禁煙と歯周病の関係喫煙年数21年以上と20年以下のグループに分けて歯周病の重症度を比較してみました。その結果長期にわたって喫煙しているグループでは中等度~重度の歯周病の割合が多く、健康~軽度の歯周病の割合が少ない傾向にあることがわかりました。20年以下のグループと非喫煙者ではほとんど差は認められませんでした。21年以上のグループの平均年齢は50.3歳、20年以下は49.4歳でした。加齢による歯周病の悪化を考慮に入れたとしても喫煙が影響していることが充分に考えられます。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp