登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯の老化について

歯の老化について

 見た目の第一印象を若く見せるのにとても重要なのが歯の見た目です。しかし、もし歯が黄ばんでいる人がいたら、やはり不潔で不健康なだらしない印象を受けてしまいますよね。人は相手の顔の目元から口元を中心に数秒見る事で、「この人は何歳ぐらいのこんな人」といった第一印象を瞬時決めると言われています。

 

つまり、見た目の年齢を常に若く保つためにも、肌や髪に手間をかけるのと同じくらい、歯も手をかけるべきアイテムといえるのです。悲しいことに、年齢とともに歯もエイジングしていきます。では、歯の老化の原因はなんなんでしょうか?

 

この歯を失う最大の原因として挙げられている要素が歯周病と虫歯の2つです。中でも歯周病は日本人が歯を失う原因の1位とされており、中高年の方のおよそ8割以上は既に歯周病を発症していると考えられております。30代から40代になるとホルモンバランスの影響から唾液が減少します。唾液には雑菌の繁殖を抑える“天然のデンタルリンス”の働きがあります。唾液が少なくなると、歯が黄ばんだり、虫歯や口臭や歯周炎などが起きやすくなります。だから口腔内カメラの検は老化程度を知る不可欠な手段です。老化の象徴に歯の喪失がありますが、歯を喪失する成人の5人中4人の原因が歯周病です。歯の働きや重要性をここで改めていうまでもありませんが、その歯周病と密接に関わっているのが糖尿病です。歯の老化と糖尿病の関わりは言うまでもなく明らかになります。

 

歯老化の止める方法は歯の老化を防止する為には、毎日の歯磨き・歯周病予防を実践し歯磨き習慣の改善から取り組むしか方法はありません。もし歯垢になるとほっておくてはいけいません超音波スケーラーで治療した方がいいです。口腔内に潜む細菌は実に500種類以上と言われておりますが、これらの細菌が湿り気があり繁殖しやすい口腔内で増加し歯周病をもたらしている為、自分の歯を持ち続ける為には、口腔内のケアを徹底するしか方法はありません。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp