登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 根管治療後の注意事項

根管治療後の注意事項

根管治療後の歯は、一般的に歯の周りにシェルに残って、しかも歯髄の栄養供給を失ったため、歯がもろくになりました。歯の自身が骨折しやすくなります。しかし、歯は咀嚼する時、50~70キログラムの咀嚼に耐えて、歯はいつでも分裂の危機に直面します。そのため、医師は通常根管治療後の歯をぶせて保護します。

 

根管治療が終わる時に、歯の構造および治療が需要のため、歯冠センターは普通空っぽで、この時、もし直接カバーをするならば、其抗力はとても悪くて、一般的にルートに釘を作って、ソリッドコアを作ります。そうすれば、歯が使う中に戦います。

 

先の根管長を越えてリーマー、ファイルを挿入したのと逆に、根尖孔よりアンダーな挿入状態では歯髄組織の取り残しがおこり、痛みが残る。 急性根尖性歯周炎は周囲が硬い骨で囲まれているため、通常の炎症よりも痛みが重篤であり、歯の挺出もおこるため、咬めなくなる。 その時、抗生物質や鎮痛剤の投与が必要となる。薬による消炎効果は最低2−3日かかるため、その間は鎮痛剤で除痛を試みる。 

 

以前虫歯は歯髄腔まで(へ)に食われるならば、、あの時の根管治療技術が発達していないで、歯がほとんど抜いてしまう運命を逃げられません。現在根管治療の技術が日進月歩で新しくなって、歯が保留する確率を高めます。そのため、歯の根管治療が終わた時歯にカバーをぶせて保護して、ひびが入る機会を減らして、最後に自身の歯を保留する目的に達します。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp