登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯髄電気診断器についての紹介

歯髄電気診断器についての紹介

 歯髄電気診断器は歯髄が生きているかどうかを判断できる歯科機械で、現在歯科医療の分野に唯一の幅広い認可を得た根管治療は必要か否か歯髄診断補助機器です。

 

歯髄電気診断器の役に立つ原理は個体の歯表面とそのほかの生体組織の間に微弱な電流を通電させると、電流が歯質を介して歯髄神経に電気刺激を与えるその電気刺激の大きさとそれに対する歯髄反応によって歯髄の生死を判定することできます。反応としては個体が疼痛を感じれば歯髄は生活状態にあると判定するしかし個体によって疼痛閾値が異なるため、対照歯(健全歯)とともに2 - 3回測定して比較判定する

 

歯髄電気診の最大の利点は診断精度が高く、歯髄に損傷を与えないことである。しかしながら、さらに詳しい歯髄の病態を診査することは不可能である。つまり、歯髄電気診に対して歯髄が正常域で反応したとしても、それは歯髄が生きていることの証であって、決して歯髄が正常であるということの証明にはならない

また歯髄電気診断はもう一つの作用は局所麻酔が役に立っているか否かを確認できる歯科機器です。電気歯髄診断器を使って最も高く電量で患者さんに刺激を与えます、患者が痛みを感じられるかどうかを確認できます。麻酔が十分役に立たなければ、最大刺激数値に到達する前に患者は痛みを感じる。だが歯髄電気診断器は患者さんに大量の刺激と電量を与えるから、心臓病ペースメ--の使用者、また金属の詰め物持っている患者さんには禁忌です。

電気的歯髄診断器YS-DT-A

 

電気的歯髄診断器YS-DT-A


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp