登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > レントゲン照射器の紹介

レントゲン照射器の紹介

 歯科レントゲン特殊なX線センサーとコンピュータを用いて、対象物を平面ではなく立体的に撮影することができるX線装置です。その歯科レントゲンの中でも、X線の照射装置を従来からのファンビーム方式ではなく、コーンビーム方式を用いて撮影するものを歯科用CTと言います。立体的な高画質 画像を得ることができるため、平面画像としてのパノラマX線撮影や口内法X線撮影では判別できない、画像診断を行うことができます。歯科治療にとって不可欠な歯科機器と言われています。

 

当社歯科レントゲンにかんする豊富な知識・ノウハウがギュッと詰まったポータブルX線撮影装置。小型で機動性に優れ、処置室や診察室、院内の何処にでも設置してお使いいただけます。暗室と自動現像機が一体化しました。明るい場所で現像作業がおこなえます。院内回診用としてはもちろん、在宅医療用としてはぴったりの機能が満載された装置です。

 

口腔内カメラと歯科レントゲンの作用は同じに口腔内の状況を知るために発明した危機であり、でも二つの機器んの原理は全く違います、レントゲンを使う時に少しの輻射が出てきますから、そのためレントゲン照射器の安全性は絶えずに議論されています、ではレントゲンは一人あたり何枚まで撮影可能でしょうか。歯科診療に必要不可欠な撮影であるなら,何枚でも撮影しても良いと考えられる。このような医療における被曝においては線量限度という考え方なく,その患者にとって,必要な撮影をおこなうことにより X 線による障害を上回る十分な利益が得られるのであるなら可能である。その場合でもできるだけ低線量すなわちデンタル撮影では短い照射時間で,高感度フィルムを使用し,防護エプロンや撮影の失敗などがないようしなければならない

 

では妊娠の時レントゲンの検査を受けることができますか?妊娠初期のレントゲンが胎児に与える影響は、流産という形であらわれます。超初期の流産は、受精卵側に問題があると言われていますのが、レントゲンでも流産する可能性は少なくありません。

 

胎児の期間が形成される4~16週以内のレントゲンによる影響は、胎児に何らかの奇形を与えてしまいます。妊娠何週にレントゲンにより被曝したかによって、どの器官に奇形があらわれるか変わってきます。ただし、大量の放射線やレントゲンを毎日毎日 撮り続けていた場合に何らかの影響があるだけで、健康診断ぐらいの放射量は気にする必要もありません。

ボータブルデジタル式X線診断装置BLX-8X

ボータブルデジタル式X線診断装置BLX-8X

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp