登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯石と歯垢の違い

歯石と歯垢の違い

 みなさんは「歯垢」と「歯石」の違いをご存知でしょうか?みなさんの中には爪で歯の表面をこすると白いネバネバした物質が爪の先についてきた経験がある方も少なくな いと思います。多くの方はこの物質を食べかすだと思っているようですが、実は「歯垢(プラーク)」と呼ばれる細菌の塊なのです。この歯垢1mgの中には数億もの様々な細菌が生息しており、この中に虫歯の原因菌や歯周病の原因菌が含まれています。歯垢の状態では歯磨きで除去できるので日々の丁寧なブラッシングが大切です。

 

歯石とは歯石は歯垢が硬くなったもので、食後などに歯に付着した歯垢が唾液のミネラルと結合して歯石になります。歯石は大変硬く、歯磨きではなかなかとれなくなってしまいます。また歯茎と歯の間の歯周ポケットなどにできてしまうと歯ブラシで除去するのはかなり困難になってしまいます。歯石にならないために日常に口腔内カメラで検査をお行いください

 

では歯石と歯垢成長の過程はなんですか?先ず歯の表面をだ液の成分がコーティングします。二はペリクルの上に、だ液成分を好む善玉菌群がくっついて定着し、健全な歯垢が形成されます。三は善玉菌により、すき間が見えなくなるほど歯面が覆われると、次は歯周病菌などの悪玉菌がその上に積み重なっていきます。それからは悪玉菌群がネバネバした物質を合成し、これらの菌群全体が覆われた状態になります。(これをバイオフィルムといいます)。最後ではステージ4の状態が更に放置され、だ液中のカルシウムが沈着し石灰化して固まって、歯石となります。

 

もう歯石になった人はどうやって歯石をとるのかまず、簡単に口全体の歯石を取ります。超音波スケーラで1回乃至2回で終わります。しかし頑固な歯石がある場合、何回かに分けて徹底的に取りますが、この時歯面の平滑化も合わせて行い、ハンドスケーラも使います。また歯茎の下の部分に器具を入れるので痛みが強い場合には麻酔下で行う場合もあります。従って、歯周病の程度によって必要な処置もかわってきます。歯の健康を命に関わるから、ぜひ歯をお大事にしてください。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp