登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > ホワイトニングに適さない人

ホワイトニングに適さない人

 ホワイトニングは比較的安全な施術ですがホワイトニング治療に向かない人もいます。どのような人でしょうか?ホワイトニングに適さない人か否かの自己判断はしないでください。専門な口腔内カメラによって判断するのは必要です。

 

では一体どんな人はホワイトニングに向いていないですか?ホワイトニングは生きている歯にのみ有効な方法なので、差し歯や入れ歯などの人工歯には効果がありません。人工歯を避けてホワイトニングすることは可能ですが、その場合、人工歯だけがまわりから浮いてみえてしまうというデメリットがあります。このような場合は、周囲のホワイトニングの明度を下げるか、あるいは入れ歯や差し歯の部分を新しく作り直す必要があるでしょう。

 

二は歯磨きをしない人ホワイトニング機器ホワイトニング治療を受けた後は、白さを保つため歯磨きなどのお手入れが大切です。歯磨きをきちんとできない人はホワイトニング治療には向かない人です。歯磨きがきちんとできないと、虫歯も増えますね。虫歯の治療でつめた金属が原因で黒っぽくなっている場合がありますが、この場合ホワイトニング治療の効果がないと言われています。

 

三は歯の色が濃い人は、ホワイトニングに適さない人だと言われています。一般的には、黄色系の歯の色のほうが灰色や濃い茶色の人よりも漂白効果が高いようです。小児の時に抗生物質で歯に濃い色がついた場合は、漂白ケアの効果は少なくなります。

 

四は妊娠中の人です今ホワイトニングは安全性高い施術法ですが、しかし ホワイトニング中は薬剤を使わなければならないです。、問題が起きたという症例はありませんが,潜在的に嬰児に悪い影響を与えないとは言えないです。またホワイトニングをする前に超音波スケーラーで歯垢と歯石清潔すると勧めます。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp