登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口臭を控える方法

口臭を控える方法

 口臭を控えると言うと、まずタバコをやめましょう、と考える方は少なくないです。タバコを止めない限り、タバコによる口臭を防ぐことは不可能からです。しかしながら、いくぶんかは押さえることはできるでしょう。

 

どうやってにおいを控えるの?まず、タバコの量を減らすこと。タバコを吸った後、クチに残ったニコチンやタールが歯や歯茎に定着する前に、水で洗い流すこと。タバコを吸ったあとに、水を飲むのも効果的です。水以外にも、ハーブティもオススメで、ハーブによってはニオイを押さえる効果があるものもあります。

 

煙草を吸わないくせに口臭もある方にとってどうやって口臭を避けるの?1番の基本は、食事の後は必ず歯を磨くということです。これだけでもだいぶ口臭は変わります。ミント系の歯磨き粉をつけて磨くと、より口臭を抑えることができます。時間がない人は、ブレスケアや、ガム等口臭を抑えるものを摂取することでだいぶ口臭を抑えることができます。

 

コーヒー口臭の一つの原因です。コーヒーから起こる口臭の予防法は?口臭は気になるけれど、朝やブレイクタイム、食後にコーヒーを欠かすことができないと言う方には、コーヒーを飲んだ後に、直ちに水を飲むことをオススメします。舌に残った残留物を洗い流し、臭いの原因を取り除くことが大事なのです。コーヒー砂糖やミルクを加える方は、ガムを噛んで唾液の分泌を促したり、口臭を抑えるツボを押したりしてみるだけで違いますよ。定期的に超音波スケーラー口を清潔すると口臭を予防できます。

 

口臭の第二の原因として、口内の乾燥があげられます。朝起きたときに口臭が強いのも乾燥が原因で、睡眠中は唾液の生産が遅くなるため、口内が乾燥しているとのこと。ガムをかむことによって唾液を出し口内を乾燥しないようにすると口臭を防ぐことができるようです。唾液は食べカスやバクテリアを流し込んで口臭を防ぐ効果もあるとのこと。また唾液にはバクテリアを殺す酵素もあり、ちゃんと唾液を分泌しているかで口臭があるかないか変わってくるようです。特にキシリトールはバクテリアの繁殖を防ぐ効果があるため、キシリトール配合のガムが良いとのこと。もし以上の方法はすべて役にたちません場合は口腔内カメラで口腔を検査してください

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp