登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯周病の各種類の検査法

歯周病の各種類の検査法

まずば咬み合わせの検査です。治療を成功に導くためには、正しい診断がおこなわれなければなりません。正しい診断のためにはこの二つの顎の位置が、どのくらいずれているのかを正確に知る必要があります。この二つの顎の位置のずれの大きさは、1ミリの何分の1という場合もありますので、これを狭い口の中、まして肉眼で確認することはほとんど不可能です。そのずれを正確に測定して客観的に記録し比較するためには、高度なテクノロジーの力をかりなければなりません。

 

レントゲン検査でわかること炎症、過剰歯、腫瘍、骨の病気、埋伏歯、異常な箇所に出来た虫歯など、 目で見てわからない症状がレントゲン撮影をすることによって的確にわかります。多くの人はレントゲン放射線に心配します。放射線量歯のレントゲン撮影における放射線量は、普段の生活の中で私たちが外で一日に浴びている放射線の総量とほぼ同じくらいの量です。心配する必要はないです。その上口腔内カメラーも口腔内の状況をよく知られます。

 

歯の動揺度の検査正常な状態でも歯はわずかに動きますが、歯根膜に炎症があると歯と骨の結合が緩み、歯の動揺が大きくなります。前後に(一方向に)歯が動く場合には、動揺度1度(M1)と表わします。さらに前後左右に動く場合はM2、前後左右上下に動く場合はM3と表わされます。当然、動揺が大きいほど歯周病が進行していることを意味します。

 

ポケット測定の役割は歯周病は、最初は痛みもなく、時間をかけて進行するので、処置が遅れがちです。適切なブラッシングや歯科医院での歯石除去などプラークコントロールによって、予防することが重要であることはこれまでも書いてきました。 今回取り上げる歯周ポケット測定は、具体的な数値で歯周の状態を把握でき、定期的に行うことで、予防と早期発見に役立ちます。ポケット測定の後超音波スケーラーの口腔清潔を薦めます。


 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp