登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口を開ける時に音がする

口を開ける時に音がする

 歯並びや噛み合わせが悪いと顎に悪影響を与え顎関節や筋肉の動きが異常になり、顎関節症(がくかんせつしょう)になる場合があります。ひどくなると関節そのものや軟骨が変形したり、関節を支えている筋肉に異常をきたしたり、顎がうまく動かせなくなったりします。最近、次のような顎の関節の異常を訴える人が多くなりました。顎異常が出ると口腔内カメラ異常の原因を調べると勧めます。

 

口が大きく開かない顎関節症では口が開きにくい、大きく開けられない、急に口が開かなくなったと感じることがあります。この時、痛みのあることも無いこともあります。大きく口を開いた時、揃えた指がたてに楽に3本入れば、十分口は開いています。それ以下で、患者さん自身が不自由や痛みを感じていれば、顎関節症の代表的な症状の1つです。この症状を開口障害といいます。

 

痛み耳の前を指で触って、口を開け閉めしてみてください。関節が動いているのが分かりますか?その部分が顎関節です。下顎の付け根に顎関節はあります。痛みを感じているのがここだと正しく人差し指でさせるようなら顎関節症の可能性は高いと考えられます。顎関節症の人は歯垢になりやすいから。定期的に超音波スケーラーの清潔は必要です

 

顎関節のあたりで音がする食事をしているときや、話をしているとき、あくびや大きく口を開いたときに、顎関節のあたりでゴリゴリ、コキコキ、ミシミシといった音がすることがあります。これも、顎関節症の症状のひとつです。音の種類により、顎関節の状況は異なります。顎関節は耳のそばにありますので、関節の音を一番感じるのは本人です。音が気になったら、顎関節の状況を検査して、まずは音の原因をはっきりさせましょう。

 

顎関節の形態にもよりますが、開け閉めで鳴る音の場所が近ければ、出来るだけ早めに歯科医院に歯科機器で矯正治療と良いです。音が最近しだしたというケースも早めに受診されると良いと思います。早く簡単に治るからです。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp