登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 親知らずは抜く?

親知らずは抜く?

 

親知らずは、主に思春期ごろ生えてくる一番奥の歯なので、一般的に最大で上下4本生える可能がある。どんなにしっかり歯を磨くて、歯は痛くなったり腫れたりするのは、もしかしたら親知らずが痛くなったかもしてない。

親知らずは、誰もが持っているわけありまい。概ね3割程度の人は親知らずが存在していないと考えられている。痛くなる場合の多くは、最も遅く生えてくるため、生えるスペースが足らなくなり、斜めに傾いて手前の歯にぶつかったり、顎の内部で横になって倒れてしまったり、まずきちんと生えないその歯の位置が問題となる。親知らずの存在は、口の中に見えないうちは、病院でのレントゲンで発見するしかありません。

ボータブルデジタル式X線診断装置(レントゲン照射器)

 

ボータブルデジタル式X線診断装置(レントゲン照射器)

親知らずを抜くか抜かないかは、親知らずが歯としての働きをしているか、していないかで判断できる。そのような役割のみ場合には、歯としての働きよりも痛くなったり腫れたりするためだけに存在していることなら、抜いてしまうほうがいいと思う。でも、親知らずがあるからといって全ての親知らずを抜いてしまうわけではありまい。痛みや腫れを起こさない状態、他の歯に影響を与えない状態であれば、抜かなくても大丈夫なことだ。

痛みが出たら、早めに歯医者さんでのチェックを受けて、確認してもらうことが大切だ。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp