登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯科医が教える理想の歯磨き方法

歯科医が教える理想の歯磨き方法

歯磨きは毎日するのですが、検診でまた虫歯が見つかってしまうなんてこと、ありませんか? 歯磨きは人により差別があります。基本的な教科書のような歯磨きが、誰にとっても理想的というわけはありません。理想的な歯磨きのためには、自分の口の状態にあった、「オーダーメイド歯磨き」を行なことが大切だ。

オーダーメイド歯磨きのためのヒント

自分の歯に虫歯予防したいのなら、自分だけの歯磨きは大事です第一は自分の歯並びを知ることから始ま。歯並びに凸凹がある場合、その場所はオーダーメイド歯磨きでカバーすることが必要だと思います

凸凹歯並びは最重要ポイント
歯は、きちんと並んだ状態が、最も理想的な機能を発揮する形態にできています。必ずしも教えられた通りの方法で磨かなくても大丈夫です。歯並びに乱れがある部分、様々な方向から歯ブラシを当てて、自分だけのオリジナルの磨き方で歯を磨きほうがいいと思います。

ブラッシング方法は自由
歯並びが整っていない場所は、ブラッシング方法にとらわれず、方向や動かし方など、自分なりの方法でもかまいません。

■治療跡でウイークポイントを知る
30代以降になると、金属や樹脂などの詰め物、被せものが増えてきます。これはそのままあなたのウイークポイント。まだ治療していない同じような場所(奥歯・歯の間など)は次の虫歯になる可能性が高いです

電動歯ブラシも検討
普通の歯ブラシは口でくわえているだけでは、汚れは全く落ちません。しかし電動歯ブラシは歯に合わせて移動させるだけで汚れが取れる最大のメリットがあります。普通の歯ブラシではあまり磨けていなかったのに、電動歯ブラシにを使ってかなり磨けるようになった人も最近増えてきました。

■アプローチ方法より結果
私も含め、歯ブラシを指導する立場からすると、磨く行為そのものに目を当てがちです。しかし、最も大切なのは言うまでもなく結果です。歯の健康を優先してください。


  


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp