登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 「歯がしみる~」は知覚過敏ですか?

「歯がしみる~」は知覚過敏ですか?

四月を迎えて、だんだん暖かくなった、とくに女性や、子供たちアイスクリームなど冷たいものがよく食べに行きました。しかし、皆さんの歯はその準備をできましたか。冷たい水を飲むたびに「歯がしみる」という症状が起こったことがありますか、それは知覚過敏だけのものではありません。

そこで今回は、歯の知覚過敏について解説します。
知覚過敏を疑う前に、まずチェック!

水がしみると感じたときには知覚過敏を疑う前に、きちんと歯医者さんでチェックしてもらいましょう。下記のような原因で水がしみることがおこりますが、十分に注意してください。
虫歯
本当は歯に虫歯の穴が開いていて、水がしみる場合があります。痛みも感じます。  

■歯周病
歯周病になると歯肉の中に隠れているはずの歯の根元が露出している状態で、歯の根元は温度に敏感なため、歯がしみやすくなります。
■咬み合わせ
昔は、「歯の磨き過ぎで歯の根元が磨り減って歯がしみる」と言うことがありますが、今は削れたようにえぐれているのは、ほとんどが咬み合わせが原因の可能性もあります。 

■歯磨き
毎日の不正確な歯磨きによって歯肉や歯の根元が削り取られ、以前より少なくなりましたが、歯がしみることがあります。

原因によって、「処置をする」「様子を見る」かを決めます。よって、自分で「知覚過敏」と決めつけることはしないようにしてください」

本当は虫歯があるのに「知覚過敏だから、そのうち良くなるかも…」。こんな淡い期待を抱かないためにも、歯医者さんでチェックしてください。これらのチェックや治療を行なったのにしみるのが治らないようなときは、また知覚過敏の可能性をかんがえています

しみるのを止める最後の手段は?

でもちょっとしみることではなくて、冷たい水がズキンと痛み我慢が出来ないようになった場合、どうすればいいでしょうか?

歯がしみなくなるようにするための最後の手段は、歯の中の神経を取ってしまうことです。つまり根管治療を行います、こうすれば歯がしみることはなくなります。

しかし、これは極端なケースです。歯の神経は取ってしまうと歯に栄養分が運ばれなくなるため、脆くなったり、歯の色の変色の原因になってしまったりします。歯医者さんではどうしてもしみることが止まらない時の最後の手段として行ないます。

ここまで症状がひどいときは、よく歯医者さんと相談して決めてくださいね。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp