登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 「残根(ざんこん)」とはなに?

「残根(ざんこん)」とはなに?

あなたは完全歯の形をしていない歯をご存知ですか? 根だけで残って、歯として働かない歯は口にありますか。その状態だったらどうするのが正しいのか?今回残根について説明します。

よくある残根になる3つのパターン

歯の頭(歯冠)が完全に溶けて根だけがある

X線フィルム自動現像機で作るの写真

虫歯の放置
虫歯になっても治療せずにそのまま放置していると、次第に虫歯が歯の歯冠を溶かされて、残根の状態になります。 

■治療の途中放置
病院や治療がやがる人や、虫歯になった時、とにかく根幹治療にようり、痛みが消えてしまったのが、そのままおいても大丈夫だと思って、二度と病院に行かず、最後の治療を受けません。
歯の外側のエナメル質は虫歯の進行が遅い反面、内部の象牙質はエナメル質に比べて柔らかく、内部虫歯にとって広がりやすい性質があります。神経を抜く時の穴が開いたまま内部が露出したままになると、虫歯の抵抗力の弱い内部の象牙質から虫歯が進行して、1~2年で残根状態になることがあります。

■かぶせたものが外れた場合
歯にかぶせたものの周囲から内部に向かって、歯ぐきと同じ高さで虫歯が進行。かぶせものが外れるとすぐに残根状態になります。また差し歯など土台ごと外れてしまった場合も、残根状態になることがあります。

残根(ざんこん)の治療方法

■歯にかぶせものを作る
残根になると歯の内部の神経がすでにダメになっているか、過去に神経を抜いてあることが多いので、歯の神経を残りません。歯の神経を抜いた穴に金属などの材料で土台を差し込み、その上にかぶせものを作ってもとの歯の形になります

■抜歯
根が短い、ヒビが入っている、虫歯が歯ぐきよりもかなり奥に進行しているような場合は、残根の周囲の歯ぐきが炎症を起こすやすいので、短すぎて土台の金属を差し込めなかったりします。そのため抜歯になることもあります。

■残根のまま保存
高齢者などの疾患、飲んでいる薬(骨粗鬆症の薬、抗凝固剤など)の種類によっては、抜歯や治療にリスクが伴うことがあります。このため症状がひどくなければ、リスクを回避するため抜歯せずにそのままにすることもあります。

■蓋をして入れ歯の下に置いておく
残根の表面に高さ2~3mmのドーム状の蓋を作ります。この上に入れ歯を装着します。通常入れ歯は歯ぐきが噛む力を支えますが、ドームを入れ歯の下に置いておくことで、残根が柱の役割となり、歯ぐきで支えるよりもしっかり感が増します。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp