登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯科印象材

歯科印象材

歯科での印象材は一体どんなものでしょうか。実際に、歯の形をとる時、咬合の時上下の歯の状況を記録するとき使用される材料です。

印象材には色々な種類があり、用途や使用の目的によって分かれています。

 

ここで主な印象材の種類を紹介いたします。

 

アルジネート印象材(アルギン酸印象材)

アルジネート印象材(アルギン酸印象材)は、コンブなどの海草に含まれるアルギン酸が原料の印象材で、安くて操作も簡単なため、歯科ではもっともよく使用されています。アルジネート印象材の粉末(アルギン酸のアルカリ塩や石膏(硫酸カルシウム)などを混合したもの)に水を混ぜることによって硬化します。

 

寒天印象材

寒天印象材は、天草(テングサ)などから抽出されて作られる寒天が原料の印象材です。寒天印象材は細部の再現性に優れているため、アルジネート印象材と併用することによって作業用模型の印象採得などにも使用されます。

 

シリコンラバー印象材(シリコーン印象材)

シリコンラバー印象材(シリコーン印象材)は、シリコンゴムが原料の印象材です。シリコンは非常に寸法精度・安定性に優れているため、精密な印象採得を行う際には材料的に有利ですが、シリコンラバー印象材は非常に高価なため、主に自費の補綴物を製作する際の作業用模型の印象などに限って使用されていることが一般的です。しかし、中には保険でもシリコンラバー印象材を使っている歯科医院もあります。

 

酸化亜鉛ユージノール印象材

酸化亜鉛ユージノール印象材は、酸化亜鉛とユージノールが主成分の印象材です。酸化亜鉛ユージノール印象材には弾性が全く無いため、アンダーカットのある部位の印象採得は不可能ですが、寸法精度は非常に良いため、主に義歯の印象採得や咬合採得に使用されます。

 

 

パラフィンワックス

パラフィンワックスとは、パラフィンを主成分とし、そこに蜜蝋やカルナウバ、ダンマルなどを配合して作られたワックスで、ピンク色の薄い板の形に成形されています。パラフィンワックスは咬合採得時の印象材として使われたり、義歯の咬合床として使われたりするなど、様々な用途で使用されています。

 

 

歯科用-アルギン酸塩印象材錬和器

歯科用-アルギン酸塩印象材錬和器

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp