登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 注目の歯科ニュースと日常メンテナンス > 歯周病(歯槽膿漏)の治療法

歯周病(歯槽膿漏)の治療法

 一度歯の周囲の骨を溶かすほどすすんでしまった歯周病は、治療によってに症状が落ち着くことがあっても、骨が元の量に戻ることはありません。そのためできるだけ早期発見して、早期治療が大切なことです。


第一に歯石を取り除く歯周病治療

歯周病は、薬では治せません。薬は症状を抑える対症療法のみで、原則は原因となっている歯周病菌を超音波スケーラーなどの機械取り除く原因除去療法が行なわれます。



治療によって取り除くのは、歯周病菌が表面に付着している歯石などです。厳密には、歯石自体は内部が石灰化していて歯周病菌は活動できないため、ほぼ無害です。しかし歯石の表面は、細かい凸凹があり、その凸凹に生きている歯周病菌などの細菌が付着しているのです。結果的に、歯石ごとすべて取り除く必要があります。

歯石を取り除くことを「スケーリング」といいます。歯石は非常に硬いため、超音波スケーラーや、スケーラーと呼ばれる器具で取り除きます。

代表的な3つの歯周病治療法

歯周病の治療は、進行時期によって主に3つの方法が選択されます。

1.スケーリング(主に初期の歯周病)
初期の歯周病では、歯石の付着している部分が、歯茎の内部のごく浅い部分に付着しているため、超音波スケーラーや、ハンドスケーターなどを利用して、無麻酔で取り除くことができます

2.スケーリング、ルートプレーニング(初期~中期の歯周病)
スケーリングだけでは、簡単に取りきれないような歯茎の少し深い位置にある歯石を麻酔を使用してから取り除き、さらに歯石が付いていた根の表面を滑沢な面に仕上げます。

3.フラップ手術(中期~末期の歯周病)
スケーリング、ルートプレニングでは、歯と歯茎の隙間に器具を挿入して、歯茎の中を、主に手探りで歯石などを取り除きますが、フラップ手術では、麻酔後に歯の周囲の歯茎を切開して、歯茎の奥の汚れを直視下で取り除きます。

基本的には1→2→3の順に段階的に行われます。歯周病の治療で共通しているのは、歯の表面についている歯石(細菌)を取り除いているということです。

歯周病の原因は様々ですが、治療で特に大切なのは毎日の歯磨きです。特に中期~末期の歯周病の場合、それまでの歯磨きがしっかりしていたとは考えにくいので、歯磨きに対しての考えを根本から変化させるぐらいの気持ちで臨まないと、なかなか歯周病から抜け出せません。

歯石取りのほかにも歯周病に対して有効な治療法には、次のようなものがあります。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp