登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯科の支台築造

歯科の支台築造

 ある原因で歯を削ったり、何かの理由で歯が欠損し、そのままではクラウン(被せ物・差し歯)を被せられない場合には、人工の土台(コア)で欠損した部分を補う必要があります。そして、この歯の土台(コア)を作る治療のことを「支台築造」と言います。

 

どんなに質の良いクラウンをかぶせたとしても、土台(コア)が悪ければ全く意味がなくなり、逆に、コアがしっかりしていれば、後からクラウンを変えることは可能です。しかも、コアは一度装着すると外すのが非常に困難で、無理に外そうとすると歯が割れて抜歯になってしまうことすらあります。そのため、「土台(コア)はやり直しの出来ない治療」だと思っていた方が良いと思います。(実際はやり直しをすることも多いのですが、やり直しのたびに歯が削られてしまうので、治療回数はできるだけ減らすのが得策です)

 

土台(コア)には様々な種類があり、それぞれ材料的な利点・欠点はありますが、良い土台(コア)が出来るかどうかは土台の材質だけではなく、歯医者さんの知識・テクニックや、患者さんの歯の状態(特にフェルール)などにも大きな影響を受けます。

 

土台で一番問題になってくるのは、土台を入れた歯の再治療が必要になった時で、この時に歯が割れてしまうと高確率で抜歯になってしまいます。

 

また、前歯に金属の土台を入れている場合には、将来セラミックなどの見た目の良い被せ物(クラウン)にしようと思った時に、困ってしまうこともあります。

 

その上、土台を除去する際には少なからず自分の歯が削られるので歯が薄くなり、割れやすくなってしまうという問題もありますので、出来る限り再治療(リトリートメント)可能な土台のほうが安心ではないかと思います。

 

そうなると、レジンコアやファイバーコアのほうが金属よりも再治療はしやすく見た目も良いのでおすすめなのですが、これらのコアはメタルコアに比べると歯医者さんのテクニックが必要になり、また、歴史も浅いため、長期的な予後に不安が残るという問題もあります。

 

いずれにしても、歯が少しでも多く残っていたほうが土台を作る際に有利ですので、そういった意味でも、虫歯がある人はなるべく早く歯科医院へ行ったほうが良いと思います。

 

SINOL®歯科用高速タービハンドピースADW(3点注水スプレー)-トルクヘッド-プッシュボタン式

SINOL®歯科用高速タービハンドピースADW(3点注水スプレー)-トルクヘッド-プッシュボタン式

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp