登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 新製品の紹介 > 超音波骨切削機器の使用

超音波骨切削機器の使用

口の中の病気と言うときっと虫歯や歯周病を思いつかれると思いますが実は別に普段は知らない病気あります。例えば、歯の生える土台である顎の骨にもたまに病気が発生することができますこういう病気は、ただ目でみてもなかなか発見できない深刻なるまで患者さん自分が症状を感じにくくレントゲン検査などで発見されるともうかなり深刻になりました。
代表的なものとして、嚢胞や良性の腫瘍が挙げられます。原因は様々ですが、そのままにしておくと徐々に大きくなるため、ほとんどの場合にそれらの病変を取り除く手術が必要となります。この時に、顎の骨を削る必要が出てきます。従来の手術方法では、病変を取り除くために骨を削る場合に、周りの粘膜や神経などの軟らかい組織を傷つけてしまう可能性がありました。骨を包んでいる膜を傷つけると、骨の治りが悪くなり、神経を傷つけてしまうと麻痺が出たりします。

 

とくに、下あごの骨の中を走る下歯槽神経血管束と呼ばれる太い神経と血管と顎の病変が近接していたり、あるいは引っ付いていたりしている場合には、手術の後に下の口唇からあごの先にかけての感覚が鈍いなどの神経障害が残ることがありました。さらに、上あごの骨では、上顎洞と呼ばれる空洞が存在しており、従来の骨を削る機器では、その内面にある薄い上顎洞粘膜(または、シュナイダー膜)を傷つけることで、鼻と口の境がなくなることもありました。

 

昭和大学歯科病院口腔外科では、骨を削る機械として従来のエンジンで金属製の切削バーを回転させるタイプに加え、超音波で骨を削るタイプのものを新しく導入しました。この超音波骨切削機器では、周囲の神経や血管を全く傷つけることなく骨を削ることができ、その治り方も非常に良いことがわかっています。さらに、キャビテーション効果といって超音波の泡により止血ができ、手術による出血も最小限に抑えられます。現在、同じ手術が「治すために侵襲ある手術」から「低侵襲の患者さんにやさしい手術」へと変わりつつあります。昭和大学歯科病院口腔外科では、患者さんにやさしい低侵襲手術を超音波骨切削機器の応用と内視鏡による支援手術で実現しています。

Woodpecker®歯科外科用超音波骨切削器「Ultrasurgery」

Woodpecker®歯科外科用超音波骨切削器「Ultrasurgery」

 

超音波骨切削機器と内視鏡を併用することで、今まで病変の摘出に伴い、抜歯を余儀なくされてきた歯は、病変に含まれる部分の歯根だけを削るだけで抜かなくてもよく、保存できる可能性が高くなっています。また、手術後の腫れや痛みも少なく、早期退院し、機能障害もなく社会復帰が望めるようになっています。このように、昭和大学歯科病院口腔外科では最新機器を使用し、患者さんの手術後の身体的負担や痛みを軽減し、短期間での退院が可能となるように心がけています。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp