登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > インプラント治療の1回法と2回法

インプラント治療の1回法と2回法

1回法とは、手術が1回で済みますが、インプラント治療の成功率が多少落ちる治療法です。

 

1回目の手術でフィクスチャーを埋めた後、「ヒーリングアバットメント」というものを歯肉の表面に出しておき、そのまま骨とインプラントが引っ付くまで2~6ヶ月待ちます。

 

上部構造を装着するときにはヒーリングアバットメントを外すだけでよいので、手術が1回で済むというメリットがあります。

 

ただし、インプラントと骨が引っ付くまでに感染が起こるリスクが高くなります。

(感染が起こると、インプラント治療をやり直すことになります)

 

2回法とは、手術が2回必要になりますが、インプラント治療の成功率が高くなる治療法です。

 

1回目の手術でフィクスチャーを埋めた後、一旦歯肉を縫って閉じます。

 

そのまま骨とインプラントが引っ付くまで2~6ヶ月待ちます。

 

上部構造を装着する際には、もう一度歯肉を切ってアバットメントを装着しなければならないので、手術が2回必要になります。

 

しかし、感染が起こるリスクは低くなり、インプラントの成功率が高くなるので、1回法よりも2回法のほうが頻繁に行なわれています。

 

歯科用インプラント装置

COXO®歯科用インプラント機器インプラント装置インプラントシステームC-Sailor


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp