登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 女性抜歯の注意点

女性抜歯の注意点

生理期に抜歯を止めよう

生理期、或いは月経期間に、女性の体の負担が重くなり、免疫力も低下になるます。唾液と体液中のプラスミノーゲン活性化因子が増加し、血液凝固が難いです。それに、抜歯中、ルートエレベーター等を使い、物理的な動作があり、傷口と出血も避けられないです。そのため、傷口の癒すことが遅くなり、細菌感染や大量出血等大変なことになりやすい。

ピル(経口避妊薬)を服用する際

ピル(経口避妊薬)を服用する際にも抜歯をしない方が良いです。避妊薬は体内のフィブリンの分解を増加させ、同様に傷口の癒すことが遅いです。

 

妊娠の前期(前3ヶ月)と後期(6ヶ月以降)

妊娠の前期(前3ヶ月)と後期(6ヶ月以降)は、流産と早産が多発ので、この時期にも出来るだけ歯を抜かない方が良いと思います。また、習慣流産と早産経験があった女性にとって、抜歯は禁物になります。万が一、歯を抜かなければならない場合では、妊娠の3~6ヶ月の間に抜歯した方が他より安全です。そして、抜歯前後1、2日、毎日プロゲステロン約10mmを注射して、また抜歯に恐怖な心理も消す方が良いです。

 

授乳期の抜歯も慎重に

抜歯には、一般的に麻酔薬を使入ます。麻酔薬の成分は母乳に入り、幼児に吸収され、幼児の神経系の発育に悪い影響を与える可能性がある。ですから、抜歯の後72時間、授乳をしない方が良いです。

 

女性にとって快適な抜歯の時間

研究によりますと、生理期の第14日は一番適当な抜歯の時です。つまり、月経が去った後の第10日に抜歯は安心です。

 

歯科用ルートエレベーター(ペン式ハンドル)(セット6本入)

歯科用ルートエレベーター(ペン式ハンドル)(セット6本入)


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp