登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯が緩くなってしまう理由

歯が緩くなってしまう理由

歯が緩くなってしまいましたら、噛むことまでもあまりできなくなってしまいますので、なかなか悩ませて、つらいことです。では、一体どうして歯が緩くなれるのでしょうか。実には下記の原因があります。そして、入れ歯は別です。


1、歯の生え変わり時期

子供の乳歯が永久歯に変わる時期に正常な状況です。永久歯が萌えてくる前に、勿論足りる空間が必要となり、この前の乳歯がだんだん緩くなり、最後に落ちます。乳歯が緩い時期に、舌で舐めたり、手で抜いたりすることが禁忌です。


2、歯周炎

歯周組織は歯が立てる支えです。もし歯周炎になってしまいましたら、歯周の病変で、歯も緩くなりやすいです。この場合、治療の主の目的は歯科歯周治療となります。炎症を抑えることができましたら、歯も正常に戻れるでしょう、


3、外傷

外傷で歯が緩くなってしまう場合、専門歯科院で治療しなければいけません。そして、短期間内に、この歯を使うことも禁止です。一般的に先生の治療の合わせて、歯槽骨などが自己修復ができるので、正常に戻れます。


4、腫瘍

一般的に言えば、口腔腫瘍で歯が緩くなることはあまりないですが、ある口腔腫瘍の前期では確かに歯が緩くなれますが、口腔内腫れのところを肉眼でも確認できます。

 

Woodpecker®UDSシリーズ歯周治療用スケーラーチップP4(EMSと交換、5本入)

Woodpecker®UDSシリーズ歯周治療用スケーラーチップP4(EMSと交換、5本入)

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp