登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口の中の病気による口臭

口の中の病気による口臭

唾液の原因

唾液には、細菌を殺菌したり、洗い流す効果がありますが、口の中の粘膜が炎症していたりすると唾液の力が正常に働きません。また、最近話題になっているドライマウスは口の中が乾燥して、唾液の力が働かず口臭の原因になります。ドライマウスは、口呼吸、基礎疾患、代謝異常、ビタミン不足、長期にわたる薬物の利用によって起こります。

 

歯周病

 

数多くの歯周病原菌のうち、VSCおよびその他の悪臭物質を産生する細菌は相当種に及びます。歯周病が進行する程、歯周病原菌の細菌数も増えていきます。歯周病においては多種多様の細菌がバイオフィルムを形成して増殖していくので、歯周病に直接関係なくとも悪臭物質を産生する細菌も増えていきます。(専門な歯科機器によるPMTCは歯周病の予防に有効です。)

 

入れ歯

 

この他にも、義歯や入れ歯、インプラントなどを使用していると、その周囲に汚れが付着することがあります。自分の歯ではないと思って油断していると、これらが臭いの元になってしまうこともあるのです。(入れ歯は口腔のドラブルを起こす可能性があります。そのため口腔内カメラによる定期検診は必要です。)

 

虫歯

虫歯というものは、単に歯に痛みを与えるだけではなく、口臭の原因にもなります。虫歯は、口腔内に常在している細菌が、歯垢と結合することによって繁殖する際に出す酸が原因で発生します。口腔内の細菌は繁殖すると強いにおいを発するほか、虫歯自体からも悪臭が発せられるようになるので、二重に強い口臭が排出されるようになります。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp