登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 不同の程度の虫歯の状態と対策

不同の程度の虫歯の状態と対策

C1はエナメル質に限局した小さな虫歯です。このレベルの段階で治療すれば痛みもあまりなく、目立たないように比較的簡単に治療を終える事ができます。その時に早く治療を行いましょう

C虫歯の進行は深層まで達しており、歯の表面が黒くなっている状態。痛みを感じたり、冷たいモノがしみることがあります。虫歯の進行状況で銀歯や白い詰め物、被せる治療で対応します。

 

C3冷たいもので歯が沁みる、咬んだときに痛みを伴うなど、多くの方に自覚症状が発生します。治療は無痛麻酔を用いて、根管治療機器による歯の神経の治療を行います。その後、虫歯部分を消毒し、詰め物・かぶせ物をかぶせます。

 

C4歯の根だけが残っている状態で、末期の虫歯です。歯の神経が死んでいるため痛みはありませんが、炎症を起こすと再び激痛が生じます。ほとんどの場合、抜歯をして入れ歯やインプラントなどで歯の機能を回復します。

http://www.zetadental.jp/category-1956-b0-根管治療機器.html

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp